0.jpeg
視覚文化から中国を知る

 中国の人々の生活や精神面、時代の激流の中で如何なる変化があったか。これを知るために、映画、テレビドラマ、舞台劇などの視覚文化を通じて理解することは一番の早道かもしれないと言われています。

中国で公開された日本映画事情

 2016年は、日本映画の中国公開が注目された年であった。それまで日本映画は年に0本~3本とほとんど公開されなかったが、一挙に11本に増え、興行収入が日本円で90億円を大きく超えた『君の名は。』が大ヒットした。 
 大きなムーブメントの後、2017年は16年の反動減も予想されたが、引き続き堅調を維持した。中国公開された日本映画は全部で9本、さらに日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』が12月22日に公開され、これを含めて10本になる。2017年とほぼ同水準を維持した。

 合計興行収入は『君の名は。』の大ヒットがあった前年の11億520万元には及ばないが、12月28日の時点で8億4149万元だ。この数字は『空海-KU-KAI-』が牽引しており、興行収入は28日までに3億5000万元、日本円で61億円を超えた。
 アニメでは「ドラえもん」が引き続き強さを発揮している。日本公開からわずか2ヵ月あまりでのスピード公開になった『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が1億4890万元と日本で約26億円のヒット。一方、この夏の最新作でなく、昨年夏に日本公開された『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』のポケモンシリーズは2562万元と苦戦した。ポケモンのブランド人気を活かせなかった。

 アニメ映画は全部で6作品が公開された。昨年の9作品に較べると3本の減少だ。もともと海外映画の上映枠が限られているところに、日本のアニメ映画は本数が多く、中国上映を実現するのは競争が厳しい。上記2作品以外は、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』『聲の形』『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』。
 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、日本アニメ映画で興収2位だった。『君の名は。』に続く作品として公開直後が好調だったが、勢いを維持できなかった。
 『ソードアート・オンライン』は、深夜アニメ発の劇場アニメとしては初の中国全国公開となった。興収5357万元(約9億3000万円)は小さくない数字である。大健闘と言っていいだろう。

 実写映画は『空海-KU-KAI-』が、これまでの実写邦画の記録を大きく塗り替えた。しかし、9月1日公開の『銀魂』が大きな成功を収めている。こちらも日本公開から1ヵ月半のスピード公開、興収8136万元(約14億円)、合作以外の実写邦画の記録を大幅に更新している。
 一方で、『続・深夜食堂』『君と100回目の恋』は1300万元台にとどまっている。中国市場における日本映画のアニメ優位が続いている。

アニメーションビジネス・ジャーナルより

Cyr0wa2UcAAw11P.jpg
fea2512c28a4658715bfcefd78091765.jpg
中国の映画興行収入は既に北米の7割に迫る

 株式会社トレンドExpressの記事によると、中国の映画興行について、2017年は第3四半期までですでに427.1億元となっており、前年の同期間と比べて20.49%も増加しています。また11月には、いよいよ500億元を突破したと報じられました。2007年には国内の映画興行収入が33.27億であったことを考えると、その成長率のすさまじさが理解いただけるのではないでしょうか。

 他国と比較してみると、2016年の段階ですでに北米映画興行収入の70%、日本の3.3倍に達しています。

 また、興行収入増加に比例して映画館やスクリーン数も増加しており、その上昇率はきれいなカーブを描いています。

 2011年には2,800館、9,286スクリーンだったのに対し、2016年にはなんと8,817館、41,179スクリーンとなり、2017年には国内映画館の数がついに1万館を超えました。これは、北米のスクリーン数を抜き、堂々の世界1位を誇ります。